治療原理と顎関節症治療方法の解説

▼背骨、胸椎、骨盤矯正
病気は神経の不正常によって起こります
カイロプラクティック(カイロ)とは、アメリカ生まれの治療法で、骨格(とくに脊椎)、関節及び神経の構造がそこなわれた場合(歪み)、手技によりそれらを矯正し構造の保全と機能の向上をはかる療法です。
人の全神経は脳から出て脊椎の中の管を通って下降し、頚椎 ・ 胸椎 ・ 腰椎 ・ 仙椎 ・ 尾椎、合計32個の椎骨と椎骨の間にある31個の椎間孔から出て全身に分布し、また内臓を支配する自律神経と交通して生体の機能を調整しています。
病気は神経の不正常によって起こりますが、その神経の乱れは神経の通路である椎間孔の歪みによって起こるのです。
首、 肩のこりをはじめ腰痛及び四肢の疼痛 ・ 麻痺等はそれらを支配する神経の出口である椎間孔の障害によって起こるのは勿論、その障害は内臓諸疾患の原因ともなります。
従って、脊椎を矯正して椎間孔を正常にすれば、疼痛 ・ 麻痺その他諸疾患を改善することができるのです。

椎間孔の歪みの原因は脊椎の亜脱臼によります。
亜脱臼の原因は
  • ケガ、交通事故等の外傷
  • 不良姿勢の長時間作業
  • 不良姿勢の悪癖
  • 骨格の遺伝性
  • 内臓神経反射
カイロプラクティック、整体は患者さんに合わせた強さで、施術するものです。
3歳くらい~90歳くらいまで治療が可能です。

▼顎関節症
●原因
内的な外傷によって関節機能に異常な変化が起こり、顎関節に栄養性の変性変化を起こすことにより発生する。

●症状
顎関節部にクリッキング、捻髪音と呼ばれるような音の発生、関節内や周囲の疼痛が見られる。
また、起床時に開口することが困難であったり、ある位置での顎のひっかかりを感じたり、亜脱臼などもみられる。
クリッキングは、顎関節内で起こるクリック音の発生で、片側の顎関節で1回あるいは数回起こることも、両側で起こることもある。これは一時的に顎関節内での関節円板と骨頭の衝突によって生ずる。
捻髪音は骨頭の軟骨た円板の損傷が原因で生ずる。

●検査
X線検査により、顎開口位で顎関節の外側像と前方像が観察できる。これにより
  1. 関節ないかでの骨頭の病的な位置関係
  2. 骨頭の偏位による関節隙の非対称あるいは消失
  3. 関節かと関節結節の変化
  4. 関節円板の変化(カルシウム沈着など)
  5. 骨頭の変化
  6. 亜脱臼の有無と偏位

●治療
顎関節の運動を、可能な限り制限をする。炎症が強く疼痛が激しいものには、下顎骨に冷湿布をする。
炎症がとれた後、顎関節矯正法、超音波をかけたり、軽擦法で局所マッサージを行うことで治癒することが出来る。